黒柴つくし~心の眼~

見えなくても、こころで感じて見える日々

† 犬の十戒 † The Ten Commandments of Dog Ownership

My life is likely to last ten to fifteen years. Any separation from you will be painful for me. Remember that before you buy me. 私の一生は10~15年くらいしかありません ほんのわずかな時間でも貴方と離れていることは辛いのです 私のことを買う(飼う)前にどうかそのことを考えて下さい。

スポンサーサイト

Posted by つくママ on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

諦めない気持ち

Posted by つくママ on   9 comments   0 trackback

ワールドカップ優勝おめでとう!

なでしこジャパンの、最後まで諦めない姿に歓喜した3連休最終日
想えば叶う・・・そんな勇気を貰った朝 



つくしが「緑内障」を患ってから、ずっと答えが出ない事がありました。

急変を起こさない為に、4種類の目薬点眼を欠かすことのできない毎日

[点眼スケジュール]

・AM6:30・・・トルソプト
・AM9:00・・・オルガトロン
・AM10:45・・・キサラタン(ジェネリックのラタノプラスト)
・AM11:00・・・トルソプト
午前中4回の点眼

・PM3:00・・・チモプトール
・PM5:00・・・トルソプト
・PM10:45・・・キサラタン(ジェネリックのラタノプラスト)
・PM11:00・・・トルソプト
午後4回の点眼

一日計8回の点眼

これが今現在の点眼スケジュール
一時、多い時は一日12回の点眼を必要とする時期もありました。
 

020_convert_20110718174207.jpg  縷紅草(ルコウソウ)



私はつくしのこの点眼スケジュールを踏まえて、
昼間の3・4時間だけ(週2・3日)仕事に出ています。


つくしが発症してからのこの二年間
仕事の縮小及び急変時の休職はもちろん
友達とのランチや夜の飲み会なども全て断り続けています。

どうしても長時間家を空けなければならない時は
家族の誰かが居る時に合わせ
出来る限りこの点眼スケジュールから外れない生活を送っている私 。


そんな生活に・・・「緑内障」が発症した時も、何度となく訪れた急変時にも
その都度に病院側から言われた飼い主の生活の質

治る事がないこの病気、対処療法を続けてもどれだけの時間を稼げるか
保証もないのが現実
ならいっその事、義眼にしてしまえば急変に怯える事も点眼の手間も無くなります。
そのほうが、飼い主もつくしも楽になる・・・と言われてきました。 
  

未だ・・・「点眼スケジュール」に縛られる生活がつくしと私達家族に
一番よい方法なのかは分かりませんが、
視力が無くなった今でも諦める事が出来ないつくしの右目。

でも・・・病院から言われる生活の質がつくしのせいで落ちたとは
一度も思った事などありません!
今はむしろ病気になってしまった事はほんとうに残念ですが、
病気になったからこそ気がつき得たもののほうがはるかに多いとさえ思っています。 




The Ten Commandments
犬の十戒   


1. My life is likely to last ten to fifteen years.
Any separation from you will painful for me.
Remember that before you buy me.

私の寿命は、10年。長ければ15年。
何があっても最後まで、あなたのそばにおいてもらえますか。
私を飼う前に、どうかそのことをよく考えてください。

2. Give me time to understand what you want of me.

あなたが私に望んでいることを、ちゃんと分かるようになるまで
少し時間をください。

3. Place your trust in me- it's crucial to my Well-being.

私を信頼して下さい......それが何より嬉しいのです。

4. Don't be angry at me for long and don't lock me up as punishment.
You have your work your entertainment and your friends.
I have only you. 

私のことをずっと叱り続けたり、罰として閉じ込めたりしないで下さい。
あなたには仕事や楽しみもあるし、友達もいるけれど
私には....あなたしかいないのです。

5. Talk to me sometimes.
Even if I don't understand your words,
I understand your voice when it's speaking to me.

時には私に話しかけて下さい。
たとえ、あなたの話す言葉はわからなくても、
あなたの声を聞けば、私に何を言ってくれているのか、分かるのです。

6. Be aware that however you treat me, I'll never forget it.

私のことをいつもどんな風に扱っているか、考えてみてください。
あなたがしてくれたことを、私は決して忘れません。

7. Remember before you hit me that l have teeth
that could easily crushthe bones of your hand
but that I choose not to bite you.

私を叩く前に思い出して下さい。
私には、あなたの手の骨など簡単に噛み砕ける歯があるけれど、
決してあなたを噛まないようにしているということを。

8. Before you scold me for being uncooperative obstinate or lazy,
ask yourself if something might be bothering me.
Perhaps I'm not getting the right food
or I've been out in the sun too long
or my heart is getting
old and weak.

言うことをきかないとか、手におえないとか、怠け者だと叱る前に
そうさせてしまった原因が無かったか、思い起こしてください。
ちゃんとした食事をさせてもらっていたでしょうか
太陽が照りつけている中に、長い間放っておかれたことはなかったでしょうか
老いた私の心臓が弱っているせいで、動けないのかもしれません。

9. Take care of me when I get old ; you, too, will grow old.

私が年老いても、どうか世話をして下さい。
私達はお互いに、同じように歳をとるのです。

10. Go with me on difficult journeys.
Never say, "I can't bear to watch it ." or " Let it happen in my absence."
Everything is easier for me if you are there.
Remember I love you.

最期のお別れの時には、どうか私のそばにいてください。
「つらくて見ていられない」とか「立ち会いたくない」とか
そんなこと、言わないでほしい。
あなたがそばにいてくれるなら、
私は、どんなことも安らかに受け入れます。

そして、どうぞ忘れないで。
私がいつまでも
あなたを愛していることを。

Author Unknown

作者不詳



つくしが病を患ってから常に心に響く「犬の十戒

私達の人生に比べたら、つくしの犬生僅かな時間なんだと改めて思いました。
その僅かな時間の中で、視力を無くしたつくしに私が出来る事は
常に心から寄り添っていたいと思っています。 

時間に縛られ、友達ともゆっくり会う事が出来ない生活ですが
当の私は周りが思うほど不憫ではありません。

なぜなら・・・つくしは大切な家族だから、この二年間諦めずに前に進む事で
つくしからたくさんの勇気や希望、そして愛情を貰い共に歩いてきたのです。
かけがえのない時間は私を強くもしてくれました。
 
037_convert_20110718174506.jpg


・・・生活の質 を決めるのは、己の気持ちひとつだと思っています。
想えば叶う・・・その裏には諦めない事、
そして努力する事を決して忘れてはいけないと確信した
世界のなでしこジャパンのワールドカップでした。 


027_convert_20110718174623.jpg 
 

           頑張ろう!なでしこつくし



なでしこジャパンのように点眼スケジュールを続けるつくしと
諦めない気持ちは想えば叶うと信じる私に・・・


★ランキングに参加しています。

ポチッとクリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 黒柴 

スポンサーサイト

Comment

鷹尾@目の病気や症状の治療体験記(急性網膜壊死) says... "緑内障を患っておられるのですね"
つくママさん、こんばんわ。
鷹尾と申します。

緑内障の目薬を午前中に4回、午後に4回
って多いですね(^^;

私の場合は違う目の病気なのですが、
リンデロン:2回/日
エイゾプト:2回/日
ミケラン:1回/日
キサラタン:1回/日
と、つくママさんよりはるかに少ないです。

お互い目を大切にしましょうね。
ランキング、ポチっときます(^^)
2011.07.18 21:04 | URL | #mFieTjaQ [edit]
says... "管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011.07.18 21:07 | | # [edit]
DAIICHI says... "NoTitle"
すごい点眼スケジュールですね。
そこまでできるって、ほんとなかなかできないです。
たしかにつくしちゃんの生活の質も大事だけど
つくままさんの生活の質の心配もありますね。
でも、ほんと無理をなさらずに、
そこまでされているのだから、つくままさんがこれから
どんな判断をされても、それはつくしちゃんにとって
最良の判断だと思います(^。^)
2011.07.19 09:36 | URL | #- [edit]
jun says... "がんばれ!なでしこ*つくしちゃん"
1日8回ですか!!それは大変です(≧Д≦)
ピースは現在チモプトールを朝晩2回のみです。
義眼手術後は1日4回点眼でしたけど、
つくしちゃんの点眼スケジュールに比べたら、
たいしたことありませんね(゜Д゜;)
それに、わたしは自宅で仕事してるので、
いつでも点眼できるんですよね・・・

眼科獣医さんに言われたことがあります。
緑内障ではなく白内障の話ですが、
犬に白内障の手術を受けさせるのに必要なのは、
・飼い主の経済力(手術費用30万円くらい)
・飼い主の愛情&気力(手術後の点眼1日12回)…だそうです。
これって、白内障に限らず、
ペットとの暮らし全般に言えることじゃないかなぁと思っています。
パージとピースに快適な暮らしをさせてあげたいので、
今日もせっせと働き、甲斐甲斐しく世話をするわたしです(*^o^*)
2011.07.19 14:10 | URL | #xEXxDlDY [edit]
つくママ says... "鷹尾さんへ"
初めまして。
愛犬の事ですが・・・コメントありがとうございます。
ご自身が目のご病気なんですね。
希望を捨てずにお互い頑張りましょう!
2011.07.19 22:03 | URL | #- [edit]
つくママ says... "junさんへ"
点眼はつくしの崖っぷちの右目にとっては
命の綱なんです。
点眼でコントロールが出来れば、メスを入れる事は避けられる。
だから・・・時間を割く事でつくしの目を守ってあげれるのなら
苦でもなんでもない!それが私の答えです。

何かの縁で家族になったのです。
少しでも幸せな犬生を送らせてあげたいと思う気持ちは
お腹を痛めた子供と一緒です。

パ-ジくんとピースくんもそんなふうに思ってくれる
junさんの家族になれてとても幸せな犬生だと思いますよ(*^。^*)

経済力・愛情&気力・・・精一杯注ぎましょう♪
2011.07.19 22:14 | URL | #- [edit]
つくママ says... "DAIICHIさんへ"
私、まず謝らないと・・・ずっとDAIKICHIさんだと思っていて
DAIICHIさんだったなんて・・・ごめんなさい!
これから気をつけます<m(__)m>

点眼スケジュール・・・もう慣れました(笑)
これ!つくしの命の綱ですから・・・
つくしの目を守ってあげられるのなら、苦でもなんでもありません!
私の心配までして下さってありがとうございます。
それでももし仮に、来るべき時が来た時に後悔はしたくないのです。
行けるところまでは・・・
2011.07.19 22:26 | URL | #- [edit]
Michy says... "それぞれに…"
こんばんは。
私も1年前までは1日7回の点眼をしていました。
ミッチーの目がかぶれなければもう少し長くそんな生活
を続けていたと思います。
犬と飼い主の生活のクオリティーは、それぞれの家族が
判断すること。
例え人は「不自由」と思っても、家族にとっては当たり前の
ことだったりもしますね。
それを十分承知の上で私の経験を語らせていただくとしたら、
どこかで「あ…そろそろ限界」って思うことがあるのだと思います。
そして、飼い主がそう思った時が次のステップを考えるとき。
我が家の場合も、ミッチーの目が眼球内出血しなければ
義眼手術に踏み切れなかったでしょう。
ただ、夫とは「次にトラブルがあったら手術をしよう」って
ずっと話していました。
そして手術して感じたことは、「これで良かった」ということ。
ミッチーの目の様子を心配して日々心を痛めるストレスから解放
され、ミッチーも多分あったであろう鈍い痛みから解放
され、そして家族でのお出かけが気楽に出来るようになりました。
私もお友達とゆっくりお食事が出来るようにもなりました。
ただ、今こう思えるのは、ギリギリまで頑張った末に
手術したからだと思っています。
だから、誰が何と言おうと、つくママさんがまだ頑張ろうと
思える間は今のままでいいと思います。
一つだけ、両目が義眼になっても悲しいことは何もないですよ!
だから安心して今の生活を行ける所まで続けてください。
2011.07.20 02:33 | URL | #jViTC7kk [edit]
つくママ says... "Michyさんへ"
経験談のお話ありがとうございます。

頭では、これまでの事もこれからの事も全部
分かってはいるんです。
でも・・・怖い。
こんなふうに、事あるごとに自分の気持ちをや思いを
確認しておかないととっても不安なんです。

Michyさんやmiw@さんのように、最後の決断を下す時に
私も後悔しないと言い切れるんだろうか?・・・と。
今、自分がつくしにしている事はつくしにとって
幸せな事なんだろうか?・・・と。

疑心暗鬼な自分が、波のように押し寄せては引いてゆく
そんな日々が周期的に来てしまう。良くないね・・・
はなちゃんの事もあって、感傷的になっているみたい。
2011.07.21 17:00 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://tukushi0227.blog109.fc2.com/tb.php/153-2df8fa64
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。