黒柴つくし~心の眼~

見えなくても、こころで感じて見える日々

† 犬の十戒 † The Ten Commandments of Dog Ownership

My life is likely to last ten to fifteen years. Any separation from you will be painful for me. Remember that before you buy me. 私の一生は10~15年くらいしかありません ほんのわずかな時間でも貴方と離れていることは辛いのです 私のことを買う(飼う)前にどうかそのことを考えて下さい。

スポンサーサイト

Posted by つくママ on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言葉が見つからない・・・

Posted by つくママ on   8 comments   0 trackback

昨日・・・遠い空の向こうで、先日あるワンコさんが虹の橋を渡った事を知りました。

      029_convert_20111018223414.jpg

そのワンコさんは、つくしと同じ黒柴の女の子でした。
そしてつくしと同じ月齢、誕生日も2週間ほどしか違わない5歳8ヶ月でした。


もし・・・

      020_convert_20111018211011.jpg 

つくしが突然、虹の橋を渡ってしまったら・・・
そんな事を考えながら、その黒柴ちゃんのブログを読ませて頂きました。 


・・・以前、主人の転勤で名古屋の社宅に住んでいた頃
私は第3子を里帰りをせず名古屋で出産しました。主人は毎日遅く、平日は母子家庭同然。
親も遠く、親類縁者も近くにはひとりもいませんでした。
上2人の子達がまだ5歳と2歳、私のふたつの手では到底足りず、ネコの手も借りたいほどの怒涛の毎日。
そんな時同じ社宅に住む一回り以上も歳の離れたおばちゃんに
出産時はもちろん、その後の育児も大変手伝って頂きました。

3番目の末っ子次男は、名古屋の社宅に住んでいた出産前後の2年はそのおばちゃんが乳母同然のようでした。

ある時、他人の私にそこまでして頂ける事に心苦しくなり
「私はおばちゃんにして頂く事ばかりで、おばちゃんに何もしてあげられない・・・」と、言ったら

「あなたが出来るようになったら、困ってる人にしてあげればいいのよ!」と言われたのです。


あれから16年・・・
私は今も、つくしの事などで人から助けてもらっている事ばかり・・・


このつくしと同い年の黒柴ちゃんの事を知ってたくさんの方が励ましやエールを送っていましたが
今日一日、ずっと頭から離れず考えていたけど・・・言葉が見つからなかった・・・


     037_convert_20111018211122.jpg

せめて・・・心より御冥福をお祈りさせて頂きます      ごめんね・・・


                ハンデがあっても逞しく生きるつくしに
                そして、尚一層愛おしさを感じる私にも・・・



               ご訪問ありがとうございます!
         拙いブログですが・・・
★ランキングに参加しています。

            よろしければ・・・ポチッとクリックお願いします。

                
にほんブログ村 黒柴
  

スポンサーサイト

Comment

はるあさ says... "NoTitle"
つくママさんの、心細さを埋めてくれた
おばちゃんの話で心が温かくなりました。
人は、してもらった事を忘れないので
きっと、また困った人が自分の前に現れたら
手助けしようって思えるんですよね。

亡くなった黒柴ちゃんの事を知った時
みんな、同じ気持ちになったでしょうね。
私も、ななをじっと見て、この子がもし・・・って
考えると、辛くてたまらない気持ちになりました。

コメントを残すのも
つくママさんのように、言葉が見つからず
黒柴ちゃんを思ってあげる気持ちも
十分届いていると思います。


2011.10.19 15:21 | URL | #zHAUYs2U [edit]
柴娘のママ says... "NoTitle"
虹の橋のお話は私も前から知っていました。
きっと、その子も、楽しく虹の橋の前で
元気だった頃の姿へと返り、幸せに暮らしているんだろうな思います・・・

できることっていうのは、
できる時が来たときにしてあげればいいのではないでしょうか。。。

私は小学生の頃、母を病気で亡くしました。
母は42歳でした。
同居していたお祖母ちゃんが私と兄を
育ててくれました。
私はお祖母ちゃんにまだ孝行できていません。
だけど、今日のつくママさんのお話を聞いて
自分は、できる立場なのに、それをしない、
なんて冷たいやつなんだろうと思いました。

つくママさんはつくしちゃんを1番(お子さんたちもですけど)
考えてあげればいいのではないですか?
苦しまないでくださいね!

つくママさんのお話にはいつも心が熱くなります!
私、つくママさん大好きですよ!
こうして私自身を、考えさせてくれることをしてくれてます。
毎日読んで、毎日応援もしてます!
私ができることはこれくらいですが・・

話それてますね(汗)
私も3柴娘がいつかは・・・・って考えると
いつも涙がでます。
2011.10.19 23:10 | URL | #- [edit]
サコリン says... "NoTitle"
我が子と同じ年の、しかも同じ犬種のワンちゃんが
お空に逝ってしまうなんて、悲しいね。
5歳8ヶ月。。。若いなぁ。
飼い主さんのお気持ちを考えると何とお声を
かけていいか。。。
心からご冥福をお祈りいたします。
お別れの記事を拝見するたびに
我が子と重ねてみてしまうね。
いつかは同じように、見送らなければいけない。
そのときが来たら、自分はどうなるんだろう・・・
私も今はまだ想像がつかない。

名古屋の社宅にいらっしゃった時のおばちゃんのお話。
とてもいいお話。
世の中には、他人のためにとことん尽くしてくれる人がいるね。
おばちゃんの愛の大きさ、人間の大きさに感動する。
でも、それもつくママのお人柄だと思うよ。
16年経った今も、そのおばちゃんのこと忘れてない。
私の大好きな歌の中に「人は愛を選び、愛は人を選ばない」という歌詞があるの。
私も今、たくさんの人から助けてもらってばかり。
ブログのお友達にもどれほど助けてもらってるか判らない。
私もいつか、そのおばちゃんのように大きな人間になりたいなぁ。
いいお話を聞かせてくれてありがとう。
2011.10.20 07:54 | URL | #LV.fIrCY [edit]
つくママ says... "はるあささんへ"
面倒見のいいおばちゃんには、親以上にして頂きました。
今でも、ばあや(第3子の乳母なので)と呼んでいます。
私もいつかばあやのように、手を差し出せる人になりたいです。

そうは思っているのに・・・
黒柴ちゃんのお話を知った時、この私の傍にいるつくしと同じ月齢と判ったら
飼い主さん達のお気持ちが想像出来なかったんです。
私が思うどんな言葉でしても足りないと思って…
でも、はるあささんが言うように思ってあげる気持ちが少しでも届くのなら嬉しいな。

ななちゃんもつくしも、お別れを想像するにはまだまだ若いですものね。
それでも、私達よりは必ず先にお別れをするだろう事を考えただけでも辛い現実ですね。
たくさんたくさん愛しみましょう。ツンデレ娘達を(笑)
2011.10.20 20:40 | URL | #- [edit]
つくママ says... "柴娘のママ さんへ"
柴娘のママさん、早くにお母さんを亡くされていたんですね・・・
お祖母ちゃんも母親代わりで、一生懸命育てられたのでしょう。
お祖母ちゃんはきっと、柴娘のママさんが嫁ぎ幸せな家庭を作っている事を
亡きお母さんと共に喜んでいると思いますよ。
孝行というのは、お金や物でなくても
親(お祖母)に心配を掛けないで、毎日元気に生活出来ている事も孝行だと思います。
私も子を持つ親になりそんな事を思うようになりました。

ワンコのお別れの話を知る都度、我が子に置きかえる事はみなさん同じようですね。
まだまだ・・・と思ってはいても、必ずその日はいつか訪れてしまう現実。
ある方が仰っていました、迎えた我が子の最期を見届けて一人前の飼い主になれるのだと。
毎日惜しみない愛情で育てるのは、人の子も動物も同じです。
それが命を授かった私達の責任なんですよね。
2011.10.20 21:22 | URL | #- [edit]
つくママ says... "サコリン さんへ"
偶然にもつくしと同じ月齢、同じ黒柴ちゃん。
ブログを訪問した瞬間から、なんとも言えない衝撃が大きかった・・・
記事を読み進めるにつれ、言葉にならない言葉でいっぱいになっちゃって。
サコリンさんは違う意味で、辛いよね。
前にサコリンさんが、我が子を見送る事が出来て一人前の飼い主になれる
と、言っていた言葉に充てるなら
この黒柴ちゃんの飼い主さん達は、わずか5年と8ヶ月だったけど
惜しみない愛情で育て最期を看取って送られた立派な飼い主さんでした。

私もいつかおばちゃんのように、人に手を差し伸べられる人になりたいです。
いつも心温かいコメントをありがとう。
2011.10.20 21:37 | URL | #- [edit]
Michy says... "優しさのバトンを…"
そっとつないで行けたらいいですね。
やっぱり人は(犬も)一人では生きていけないって感じます。
何かが出来る時と、その余裕がない時ってあると思うのですが、
出来る時に出来る事をそっとしてあげられるようになりたい…
と思います。
つくママさんも気づかない間にそんなバトンを手渡しているの
ですよ!
2011.10.20 23:03 | URL | #jViTC7kk [edit]
つくママ says... "Michyさんへ"
そうですね・・!
私がブログでの出会いや、オフ会での繋がりで
「ひとりじゃない」と思えたように
時間はかかるかもしれないけど・・・
この黒柴ちゃんのママさんに、自分の出来る事を
してみようと思いました。

ブログを立ち上げた気持ちを見失うところでした。
ありがとう、Michyさん!
2011.10.22 14:25 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://tukushi0227.blog109.fc2.com/tb.php/203-c6c4fb3a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。