黒柴つくし~心の眼~

見えなくても、こころで感じて見える日々

† 犬の十戒 † The Ten Commandments of Dog Ownership

My life is likely to last ten to fifteen years. Any separation from you will be painful for me. Remember that before you buy me. 私の一生は10~15年くらいしかありません ほんのわずかな時間でも貴方と離れていることは辛いのです 私のことを買う(飼う)前にどうかそのことを考えて下さい。

スポンサーサイト

Posted by つくママ on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

避妊手術決断までの経緯

Posted by つくママ on   6 comments   1 trackback

台風の影響で、昨日は優れない空模様のつくし地方でした・・・
 
 126_convert_20120607150621.jpg 

やはりこの時期、紫陽花には雨がお似合いですね
 

でも、今日は・・・

039_convert_20120607144725.jpg  

お昼前には青空も戻りましたよ~(●^o^●)
長引いた疑似妊娠からすっかり解放され、体調よろしくお散歩をするつくしです。


先日・・・避妊手術の日取りが決まり、長い間の胸の閊えが取れようとしているのですが 
疑似妊娠も 「喉元過ぎればなんとやら・・・」、ここしばらくこのような穏やかな日々を過ごしていると

029_convert_20120607144656.jpg 

避妊手術を受けさせる事により、この穏やかな時間を壊してしまうのが怖くなっているのも叉
正直な気持ちです。


・・・早くに視覚をなくしたつくしの為に、ひとつでもストレスのない生活が送れるようにと選択した手段
それは生まれ持った生殖を取り除くという「避妊手術」 
決断した今でも身体にメスを入れるという事は、身を詰まされ忍びない気持ちになります。



今日は・・・6歳になるつくしが今現在も緑内障を患いながら、悩んだ末に避妊手術を決断した経緯を、後に悔いない為にもここに記しておこうと思います。


ただの私の覚書ですので、興味のない方はスルーして下さいね!

 061_convert_20120607144753.jpg


・・・我が家につくしを迎えてから、つくしの初ヒートは生後8ヶ月の時でした。
当時避妊手術については、婦人系の病気のリスクをギリギリ回避出来ると言われている4歳までにはと、・・・漠然とですが考えてはいました。

今でこそヒート中はすっかり慣れたもので、出血は全て自分で綺麗に舐めて処理をしてくれるので、部屋が汚れるという事はありません。

ですが・・・初ヒートでは、ヒートが始まる2日程前から悪寒を感じているような
ブルブル、ガタガタという変調を現わしつくし自身も戸惑っていたように思います。
出血の処理も今のように綺麗になど勿論出来ませんでした。

初ヒートは2~3週間程の出血が続き、今のように疑似妊娠の兆候も全くなかったと思います。

・・・その後、7ヶ月が過ぎ2度目のヒートがやってきました。つくし1歳3ヵ月
早くもこの2度目に迎えたヒートから、つくしの疑似妊娠の兆候は始まりました。

出血が治まってふた月ほどすると・・・やけに下腹がぽっこりと膨らんでいるのが気になり始め、
太ったのか?それとも何か良からぬ病気にでもなっているのか?と、心配になり受診をしました。  
 
市内掛かりつけの先生が触診をしながら、つくしの乳首をギュッと摘まんだところ白い分秘物が出たのです!母乳でした。
診断は、「疑似妊娠」。

受胎も現実に出産もしていないのに、身体のホルモンは出産した母犬と同じサイクルになっていたのです。

050_convert_20120604142554.jpg

その後は・・・おもちゃを抱えたり、おもちゃを安全なところへ咥えて運んで隠したりと
まさに育児に奮闘する母犬と同じ行動をとるようになっていきました。

それを傍で見る家族は、ビックリするやら、おかしいやら、かわいいやら(?)・・・しかし、本犬は至って真剣!

そんなつくしを見ているうちに家族は、近い将来病気の予防の為に避妊手術を受けさせるのであれば、子宮を取る前に1度だけ子供を産ませて上げたいと思うようになっていきました。
丁度その頃、つくしの子供なら欲しいと言って下さる知り合いの方が2人ほどいた事もあり
家族は真剣につくしの交配を考えるようになりました。
 
その後、つくしを迎えた東京のブリーダーさんに交配を依頼する事も決まり
いよいよ3度目のヒートがやってきました。つくし1歳11ヶ月

犬はヒートが始まってから2週間前後で排卵日を3日迎えます。 

ヒート開始から12、3日目と思われる日に、市内罹りつけ病院で排卵日の検査を受けました。
結果は排卵日真っ只中と判明
ですが・・・この日が1日目の排卵日なのか3日目の排卵日なのかは、検査でも判らないのです。
ただ排卵日に間違いはない為、急いで東京のブリーダーさんまで・・・

と、思ったのですが・・・時は2月、この排卵日だと判った日
関東地方では雪がチラつき、積雪の予報も出されていました。

検査後・・・車をとばして首都高を走って行くには危険も伴う為、交配のチャンスでしたが止むなく取り止めたのです。 

実のところ・・・この3度目のヒートは、交配が上手くいけば子犬が産まれるのが4月の予定だった為に、つくしが子供を育てやすい時期という事で、周りの期待もとても大きなものでした。


そしてその8ヵ月後には、4度目のヒートを迎えました。つくし2歳7ヶ月
この4度目のヒートを迎えたのは9月も秋、受胎しても冬の出産になってしまう為、子犬の寒さ対策のサポートも大変になるだろうという事で見送りました。

それから7ヵ月後・・・つくし3歳2ヶ月、5度目のヒートも時期が4月、出産が夏・・・暑い時期の育児も大変と、パス!

その間にもつくしの疑似妊娠の兆候はますます過剰の一途を辿っていきました。

ヒートが始まり、排卵日が過ぎるとつわり(食欲減退)・お乳が張る・やがて陣痛・疑似出産・そして疑似育児(母乳が出る)と・・・
それら全ての行程が終了する、即ちホルモンバランスが通常に戻るまでの期間が3ヵ月も4ヵ月も長引くようになっていきました。

獣医は口を揃えて・・・疑似妊娠とは多大なるストレスに違いない!と言います。 
 
051_convert_20120604142620.jpg 

疑似妊娠を何度となく見ていると、つくしは母性が強いのか?と、そんな固定観念まで植えついてしまい
なんとか1度出産をという気持ちは、焦りにも変わっていきました。
 

ところが・・・そんな矢先、つくし3歳半にして緑内障が発症したのです!

今思えば・・・つくしの緑内障は原発性、発症年齢からしてもいわゆる遺伝性疾患に間違いありません。
緑内障を発症する以前に、もし条件が揃い交配をさせて子供を産んでいたら
つくしの子供にも緑内障が遺伝する確率はあったかもしれないのです。

雪が降った事で交配に連れて行けなくなったり、時期を選んでいた事が
結果的にはつくしのような疾患を抱えるわんコを、増やさなくて済んだのでした。 
 

こうして交配をさせる事はなくなりましたが、おおよそ半年に1度迎えるヒートは・・・
開始から疑似妊娠終了までの期間が、通常のホルモンバランスでの生活を大幅に短くしています。
そして気がつけば・・・1年の大半をヒート後の疑似妊娠に明け暮れている状態になってきているのです。

それでも緑内障発症後はご存じのように、ヒートを迎えて疑似妊娠の兆候がどんなに酷くなっても
目の事を考えると、どうにもして上げる事は出来ませんでした。

しかし、去年12月に迎えた9度目のヒートでは・・・
疑似妊娠からくるストレスが、既に視力のない辛うじて温存している右目に異変をきたしました。  

眼科の先生さえも首を傾げる目の異変に・・・
検査を受けたり、目薬を何種類もとっかえひっかえしながら
出来る限り右目の温存を望み、疑似妊娠の兆候に悶々とする長く辛い日々はしばらく続きました。 


異変からふた月・・・ようやく疑似妊娠の症状が和らぐのに伴い、目の炎症も少しずつ落ち着きを見せ始め

その頃から、・・・つくしにとっての1番良い手段はどうして上げるべきなのか?
眼科の担当の先生と納得がいくまで、何度も何度も相談を続けてきました。

~これ以上疑似妊娠を繰り返す事になれば、子宮系の病気のリスクは益々高くなる事
そしてこの先病気を患った時に、手術が受けられるかどうかは予測出来ない事

目を患っている為に、術後目が急変する可能性もあるかもしれない事、等々・・・~
 

結果が判っている事は何一つありませんが・・・

これからのつくしの犬生に・・・
ひとつでもストレスを取り除いてやる事で、少しでも穏やかに過ごせる日々が続いてくれるよう願い
今回、避妊手術を受けさせる事を決めました。 

 025_convert_20120607144625.jpg

左目の義眼手術後、メンンタルが病んでしまった経験ありのつくし
術後を考えると、不安だらけですが・・・

今は体調を崩さず、手術当日を迎える事だけを考えのんびりと過ごさせたいと思います。  

  
   闘病を頑張るつくしに ポチッと応援クリックお願いします。
         
にほんブログ村 黒柴 
           避妊手術まであと2週間・・・ドキドキ

スポンサーサイト

Comment

says... "管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012.06.08 00:49 | | # [edit]
健斗の母 says... "がんばれッ!"
つくしちゃん、つくママさん、
今までもい~っぱい頑張ってたけれど、
あとひとふんばり、がんばっちゃっておくれ。
避妊も去勢も、飼い主さんによって考え方はいろいろでしょう。
でも飼い主さんが、一生懸命考えて、
自分ちのわんこのために決めたことなら、
絶対的に応援すべきだと私は思っています。
無事に手術が終わり、術後も穏やかに乗り切れますように。
つくママさんも体に気をつけるんだよぉおおお。
2012.06.08 08:52 | URL | #- [edit]
JAMママ says... "つくままさ~ん(*^。^*)"
こんにちは~☆
手術決断までの経過、よーく分かりました。
色々悩んで、考えて、つくしちゃんにとって最善の方法を選んだのだから。
あとは6月20日の手術が無事に終わり、順調に回復することを祈っています。

ジャックも7月6日にレーザー手術を受けることにしました。
私もジャックにとって最善の方法と考えたので。
つくちゃんもジャックも手術を乗り越えて元気になろうね♪
私もつくママさんもね(^_-)-☆
2012.06.10 11:22 | URL | #- [edit]
つくママ says... "鍵コメさんへ"
拙い覚書を最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

応援、ありがとう♪
2012.06.10 21:21 | URL | #- [edit]
つくママ says... "健斗の母さんへ"
あとひと踏ん張り、頑張りますねぇ~。
つくしの為を考え出した答えですから、
どんな事があっても後悔しないようにしたいです!
私の心配までありがとうございます♪
2012.06.10 21:24 | URL | #- [edit]
つくママ says... "JAMママさんへ"
拙い覚書、読んで下さりありがとう♪
ものすごく悩んで、ものすごく考えて決めました!
後は、体調を崩さず当日を迎えるだけです。

ジャックくん、レーザー決めたのですね。
無事、終わり維持出来る事を祈っていますよ☆
お互い、体調に気をつけ乗り切りましょう!
2012.06.10 21:31 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。