黒柴つくし~心の眼~

見えなくても、こころで感じて見える日々

† 犬の十戒 † The Ten Commandments of Dog Ownership

My life is likely to last ten to fifteen years. Any separation from you will be painful for me. Remember that before you buy me. 私の一生は10~15年くらいしかありません ほんのわずかな時間でも貴方と離れていることは辛いのです 私のことを買う(飼う)前にどうかそのことを考えて下さい。

スポンサーサイト

Posted by つくママ on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

闘病記[その1]

Posted by つくママ on   4 comments   0 trackback

[緑内障]とは・・・目の中には眼房水という水が入っており、この水の圧力(眼圧)により目の硬さ(張り)や大きさが保たれています。
緑内障とは眼房水が溜まり過ぎ、眼圧が高くなった結果、目の痛みや視覚障害(失明)を起こす病気です。

ついに視力の無くなったつくしの右目に、又いつ急変が襲うのか、目の機能が働く時間はあとどのくらい残されているのか?考えない日はない。
[緑内障]と診断されてから今日(こんにち)までの経過、感じたさまざまな思いを書いていこうと思う。


忘れもしない・・・2009年7月7日七夕の朝だった。
2階から起きて階段を駆け降りてきたつくしに「おはよう!」と声をかけた私はつくしの横顔(左)に何か違和感を感じたが、家族の朝の支度に追われていた。
慌しい時間が過ぎ、散歩に連れ出そうとしてつくしを見た、左目を硬く閉じていた。
「あれ?」「蚊にでも刺された?」くらいにしか思わなかった。
散歩中も痛いのか、やはり左目を硬く閉じて歩いている。

予防接種などでお世話になっている罹りつけの病院が明日休診日だから、今日念の為に見せておこうと思い、家事を済ませ昼近くに病院に行った。
先生も「傷でも付いたかな?診てみましょう。」と緑色した液体を目に垂らし、傷があれば傷のところだけに色が付くという検査をしてくれた。「う~ん、傷はないね。炎症を起こしているのかな?」炎症を抑える点眼薬を出され、休診日明けに診せる事になった。

7月8日 翌日、事態は急変・・・つくしの目が碧色になっていることに気づいた私は、異様な胸騒ぎがしたのを覚えている。
「ううん、ただの炎症だよね?」休診日で病院に行く事も出来ず、不安な気持ちを頭の中で何度も何度打ち消した。
ふと思い出した・・・隔月楽しみに購読している柴犬専門誌[Shi-Ba]に掲載されていた記事を。
今では、情報交換などでとてもお世話になっている[Maman's Garden~お花と私と柴犬と~]のさくらちゃんの目の病気の事、バックナンバーを夢中で探し読み返した。症状が似ている、まさか・・・

7月9日 点眼を2日続けたにもかかわらず、つくしは相変わらず目を閉じ痛そうだった。
休診明け、朝いちに病院へと向かう。
つくしの目にペンライトを当てながら診る先生の顔が曇る。「光を追ってない。もう見えてないと思います。」
「え?」今なんて言ったの?膝がガクガク震え、思考回路が止まった。
「一昨日は確かに動体反射はありました。でも、今はない!」と先生も困惑していた。
私は恐る恐る聞いた。「緑内障ですか?」先生は、「その可能性があると思いますが、専門に診てもらったほうがいいと思います。」とだけ・・・帰る際に「お力になれずにすいません。」と言って下さった。

私は前日、休診日で動けないもどかしい気持ちから、ご近所で若年性白内障の手術を受けたわんちゃんの飼い主さんに、のちに罹る事になる東京の病院を教えて頂いていた。

家に着くなり電話を入れた。経過を話したところ緑内障の可能性が高いが・・・今日は院長が学会の為居ないと告げられる。翌日の朝一番で来るように言われ電話を切る。
私の調べた緑内障の少しの知識の中に、[眼圧の高い状態が72時間続くと失明に至る]と覚えていた。この時点で、つくしが目を閉じて起きてきた朝から48時間以上が過ぎていた。明日東京に着くまでに、タイムリミットの72時間に間に合うのか?
今起きている現実に、怖くて怖くて震えが止まらなかった。

そんな時、お隣のチワワを飼っているママがとても心配してくれて、パソコンで市内の眼科併設病院を調べて教えてくれた。
明日まで何も出来ないでいるのが怖かった私は・・・午後一番で、今も眼圧の測定などでお世話になっている先生のところへつくしを診せに行った。
眼圧33mmHg、診断はやはり[緑内障]と告げられた。目の前が真っ暗になり身体の力が抜けていくのがわかった。
その後先生はホワイトボードを使って対処法の説明をしてくれたが、頭には何一つ入らなかった。
ひとつだけ先生に聞いた「左目はもう完全に見えていないのですか?」と、先生は「全身麻酔をして電磁波を流せば調べる事は出来ます。周波があれば視力はまだあるし、周波が無ければ失明している。」と、検査をするなら明日の昼時間に預かりますと言われたが、放心状態の私にその場で決められるわけもなく病院を後にした。

帰りの車で泣きながら運転している私にただならぬ気配を感じて、隣に乗っているつくしが不安そうに見ていた。
「ごめんね、つくし。ごめんね」涙が止まらなかった。
なんでもっと早く気が付いてあげれなかったんだろう?お散歩の途中で、いきなり立ち止まって動かなくなったりしてたのも、もしかしたら痛かったのかな?何かサインはあったんじゃないか?・・・ごめんねつくし、ママぜんぜん分からなかった。

家に帰り・・・仕事中の主人とは急ぎの用以外は基本メールで済ますが、この時ばかりは電話をかけた。泣きながら・・・
東京行きはメールで知らせておいたが、行く前に市内の病院で見せた事はこの電話で話した。
「やっぱり緑内障だって。もう見えてないって。」今後の通院や、つくしの負担を思うと今更東京へ行く意味があるのか?主人と相談した。
主人はセカンドオピニオンとして東京の眼科専門医で詳しく検査をして貰おう、[東京へ行こう!]と言った。
そして・・・翌日7月10日の朝、半休を取った主人と大学を休んで一緒に行くという娘と3人で、目を閉じて痛そうにしているつくしを連れて、東京へと向かった。藁にもすがる思いで・・・            つづく

スポンサーサイト

Comment

さくらママン says... ""
読んでいて、つくママさんのお気持ちが痛いほどわかって
何だかもらい泣きしてしまいました。

でも、こうやって思ってくれるつくママさんのご家族だからこそ、
神様はつくしちゃんを預けたんだと思います。
ミッチーちゃんも、あーく君も、はなちゃんも、リキ君も。
それから、おこがましいけど、さくらも
そうやって我が家に来たのかなと。

つくしちゃんは毎日幸せだと思うよ♪
さくらもきっとそう思ってくれてると思います。

頑張りましょうね。(*^_^*)
2010.12.19 18:04 | URL | #p5viccLg [edit]
つくママ says... "Re: タイトルなし"
コメントありがとうございます。
読んで頂けるだけで、気持ちが和らぎます。

つくしの病気と向き合っているうちに、もちろん辛い事も多いけれど得たものも沢山あります。
さくらママンさんの言うように、神様のおぼし召しなのでしょうね!

私達は選ばれたのかしらね(*^_^*)
2010.12.20 23:38 | URL | #- [edit]
Michy says... "読んでいて…"
胸が締め付けられるような思いでした。
みんな同じような思いをしたんだな…って。
タイムリミットは72時間って言われていますけど、
その時間内に適切な処置が受けられるワンコがどれ
だけいるのでしょう?
最初の発症の時はどうしても遅れてしまうと思います。
初期で緑内障と見抜けて、しかも処置ができる獣医さんも
少ないですし。
だからこそ、こうやって経験者が体験談を公表
しておくのが大事だなって思います。
辛い出来事を記事にしてくださってありがとうございます。
きっとこれで早期発見できるワンコがいるはず。
2010.12.21 01:30 | URL | #jViTC7kk [edit]
つくママ says... "Re: 読んでいて…"
つくしが緑内障になった時に、私がどれだけMichyさんやmiw@さん、さくらママンさん、riki-mamaさんの闘病記録を読ませてもらって救われた事か、一人じゃないと思えた事か・・・Michyさん以前私に言った言葉覚えていますか?「ブログに助けて貰っています。」と言った私に、「私も同じだったから、ただバトンを繋いでいるだけ!」って言ったのを・・・
同じ思いはあっても私にはなかなか公開することは出来なかった。けど・・・つくしの目が、もうあとどのくらいもつか分からないと思った時、おこがましいですが・・・もしかしたら私が発信する事でひとりでも救われる人が居てくれたらいいな。と思ったのです。
ブログの最初に書いた、ブログを立ち上げたこれがもうひとつの理由です。
闘病記はこれからも少しづつ書いていこうと思っています。
2010.12.21 21:24 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://tukushi0227.blog109.fc2.com/tb.php/6-f7fc4ba4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。